学校の講義がリモート授業になる。

ども。ぱくです。

大学の講義が5月上旬から始まるみたいですが、緊急事態宣言も長引きそうなため、リモートで授業を始めるみたいです。ところどころ大学ではリモートでやっているみたいですが、ようやく僕の大学でもリモートでやるみたいです。

僕は、大学4年で研究室の活動しかないので特別どうこうなるわけではないのですが、4年生でも授業が残っている人もいますし初めての試みでどうなるかわかりません。

このまま単位が残って留年なんてシャレにならないですし心配ですねよ。

リモートになる影響について考えてみました。

メリット

レポート提出が増えテストが減る。

今までの筆記テストが難し状況になりオンラインでも提出な可能なレポートが増えると考えています。

今の大学ではオンラインテストも多いと思いますが、作るのが面倒でレポート提出の方法にする教授が多いみたいです。(研究室の教授が言っていました。)

単位が取りやすい?

これは憶測になるのですが、単位は取りやすいと思います。

去年の卒業研究なのですが新しい発表の仕方で教授の方も正直採点基準が、くだくだになっているイメージがありました。

今回も急な体制になり採点の基準が甘くなると思います。そのため単位が取りやすいのではないでしょうか。

ある程度ズルができちゃう。

オンラインテストの場合、教科書やネットを禁止する規定があったとしても守る人は少ないでしょう。僕は情報学部でネットで受けるテストが多く協力やネット、教科書を見て大半乗り越えていました。これからもオンラインテストあると思いますがラッキーということで。

デメリット

不安。

単位が取りやすいと言ってもやはり、新しい体制は不安ですよね。今までのテスト勉強も通用しませんし、リモートではできないは講義は実施されないですし、不安は募りますよね。単位を補足してくれる学校もあるみたいで少しでも安心できる制度が欲しいですね。

協力がめんどくさい。

大学生のほとんどがテスト前に情報共有や協力しながらテストに臨むと思いますが、それがリモートメインになるのはデメリットですよね。SNSがあり、ある程度は会話ができますがやはり細かい部分が聞けなかったり、何かと不便があると思います。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。まだまだコロナウイルスは続きそうですね。

いきなりリモート体制の準備をする学校も大変ですよね。僕の学部ではリモートでも比較的被害を受けないプログラミングの講義を受けれる数などを増やして対策していました。

情報学部でパソコンを使う講義が多かったので若干被害は少ないですが、特に文系さんの学部は大変ですよね。

僕は単位の直接的な被害は受けていませんが、大学の閉まってしまい施設が使えないのがとっても不便です。

最近友達とも会えていませんし、いつまで続くのやら..。

それじゃーばいばい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました