大学4年が教える情報学部1年生でやるべきこと。

学生生活

こんちには。ぱくです。

僕は大学4年生なのですが振り返ると、こうしてればなーってことが無限に出てきます。

まぁ人生なんて反省の連続なので、しょうがないのですが。

僕はなんの知識がないまま情報学部に入ったのですが、いきなりプログラミグや3Dモデリングをやり正直大変でした笑

今、僕と同じ境遇の方もいらっしゃっると思います。

この慌ただしい現在、今年入学された方はいきなりリモート授業なので普段と違う学生生活で大変なんじゃないかなっと思います。少しでも助けになれたら嬉しいです。


情報系に強い友達は作れ。

いきなり、この現状の中 難しいことを言ってすみません。

これは、僕の失敗談も絡めてお話ししたいことだったので少しお時間ください。

このリモート環境の中難しいなっと感じたら飛ばしてもらって結構です。

言いたいことは、情報系の強い友達を作り刺激や助けを求めまくれです。

まず、僕の失敗談から聞いて欲しいのですが、僕は友達作りを失敗したとは思っていません。ただ、接し方を間違えてしまったのかなっと思っております。

簡単にお話しすると友達が周りとのパイプが強く、そのおかげで課題が簡単に周ってきました。そのためその課題を参考にしたり、ほぼ写して提出していました。

単純に授業で技術や知識を学ぶことができませんでした。

プライベートで遊ぶ面では最高の友達ですが、勉強面では少し苦い思い出が多いです。

自分の意思の弱さがすべての原因ですが、友達の環境も大切なんだなっと気づきました。

先程、失敗談と言ってしまいましたが、僕は、今の友達ができて良かったと思っております。言っていることがむちゃくちゃな気がしますが、大学の友達の影響で

コミュ力や度胸がつき、自分の自信が持てるようになったりと成長できました。

ただ今回は情報学部生がやるべきことでまとめているのそれで言うと

情報系の強い友達を作り、少しでもわからないことがあればすぐ聞ける環境を作るべきだと考えています。

プログラミングは、簡単に解決できるはずの問題で詰まってしまうことが多々あります。そのため、違う視点から見てもらうと簡単に解決できるため常に質問できる環境作りが大切だと思います。

情報系の大学に入った方ならば、プログラミングは必須科目だと思います。

勉強面で成長するためには、なんども言いますが情報系に強い友達は必須です。

やりたいことを固めておけ。

就活するにあたり、ポートフォリオが必要になる企業も体感で2〜3割ありました。

学生うちにやりたいことを固めて作品制作しておけば、就活はだいぶ有利になると思います。

自由提出の企業も多く、出すことができたら印象はない人より確実にいいです。

少しお話を変えますが

僕は、webプログラミングに興味を持ち、webサイトやアプリケーションを何度が制作してきましたが、面接の際に深く話をすることができました。

自分がIT企業をメインに就活をしてきて、やはり前から技術に興味を持って勉強していたアピールはだいぶ強いなっと思います。

これは、自分の考えになるとのですが、IT技術というのは常に新しくなっていきます。

そんな技術を前から興味を持って今でも続けらているアピールというのは

プログラミングから逃げ出す心配もなく、向上心が強い子なんだなっととても良い印象を与えることができます。

僕は話していてだいぶ手応えを感じることができました。

パソコン環境を整えろ。

勉強するためにはやはりモチベーションが大切です。

僕は、パソコンの内部、外部環境を整えてモチベーションを上げていました。

今、やっていることは

外部

  • PCスタンド
  • wi-fi環境
  • bluetoothイヤホン

内部

  • デスクトップ整理
  • プログラミング環境
  • システム環境設定 自分が操作しやすいようにPCの設定

僕は特に少しのストレスでやる気を失っていまうことが多いので悪い芽は早めに潰しておきます。

環境を整えるだけでだいぶ楽に作業でき、 無駄なイラつきや疲れを抑えることができると思います。

早いうちに環境を整え、自分なりの作業場を作っていきましょう。

単位はなるべくとる。

単位をたくさん取って置くことはどの学部にも言えることですが、情報学部の学生も

1,2年生はマックスで講義を入れてフル単を狙いましょう。

3年生は就活全開で行った方がいいと思います。

理系などの技術職は、毎年 就活は早く始まります。

企業は技術がある就活生を早めに取りたいからです。

2月からエージェントを使い、就活を始めたのですが、ギリギリ始めるの間に合って良かったねっと言われました。(エージェントは、すごい苦い思い出があるとで記事にしたいと思います。)

流石に少し誇張している気がしまうが、早く始める分にはいいと思います。

今、就活しながら授業受けている人もいますが、授業と並行して就活をやるのは

楽な授業でも負荷はかかりますし、ストレスになると思うので、

なるべく多く、1,2年でたくさん単位を取り3年生までには、すべて取り切ってしまいましょう。

最後に。

ここまで、記事を読んでいただきありがとうございます。

ここまで長々と偉そうに語ってきましたが、勉強面では、大失敗している男です。

でも、大学はなんとかなりました。

ただなんとかなっただけです。

ある程度失敗したところで大学は卒業できます。

ただ大学は自分がすべて決め、自分の行動で学生生活を自由自在に過ごすことができます。

サボろうと思えば、途中で講義を出て遊びに行ったり出席を頼んだり、どうにでもなります。

期末テストや就活でつけが回ってきます。

僕はその一人でした。

プログラミングの課題なんかはみんなとほぼ同じなので、ほぼ写して提出していました。

期末テストでは、前日にめちゃ勉強したり、プログラミングを勉強やったりと 最後に努力していたので単位を取り切ることができましたが

目の前の甘い蜜を吸いまくっていました。

それではだめだと気づいたのは大学3年生、遅すぎた自覚ですが、気づいて良かったです、このネタを記事にすることができました。

ここまですごく偉そうの語ってきてすみません。僕は反面教師として、見てやってください。

みなさんは充実した学生生活を過ごしてください!

それでは、ばいばい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました